2019年12月3日火曜日

西井果樹園!!

ブルーベリーを育てているのは珍しいのではないでしょうか。西井病院デイケアセンターでは、野菜や花だけでなく果樹も育てています。

特にブルーベリーは手間と時間をしっかりかけて、ただいま育成中です。収穫予定はまだまだ先の数年後になるかも・・・今は冬場の管理を徹底中。ブルーベリーは紅葉するって知っていましたか?なかなかレアな光景ではないでしょうか。

毎年?昨年も?育ているレモン、今シーズンの収穫を無事終えました。収穫した果実は、余すことなく調理しました。シンプルなレモンシロップ、焼き菓子のレモンマフィン、アクアパッツァなんてこじゃれたお料理にも使いまいした。来年も実るでしょうか。次は何を作りましょうか。

2019年11月13日水曜日

デイケアEXPOこれにて閉幕!




10月28日~11月8日まで西井病院で開催されていた
デイケアEXPO 2019
が無事に閉幕しました。
当初は一週間の展示を予定していましたが、
好評の為、会期を延長して頂きました。


窓いっぱいの大きなステンドグラス風のイラストを作製しました。
みんなで色付けをして、色鮮やかな大作に仕上がりました!
光の加減で色あいも変わります。一日の中でも見え方が変わる自信作です!


フェルトのお花を箱いっぱいに敷き詰めたフラワーボックスです。
「目指せフラワーボックス」の合言葉は無事に達成されました(`・ω・´)
一輪、一輪色合いも考え、色の系統も分けながらみんなで手作りしました。


展示後は、ヘアピンやヘアゴムに加工してバザーにて販売予定です。

-----------------------------------------


さて、西井デイケアの矜持は「アーティスト集団」と豪語したことから始まった
今回のデイケアEXPOですが、誰が意図した訳でもなく気づいたら
「お花」をモチーフにした作品であふれていました。

そして付けられたテーマは「flowery…
(たぶん誰にも知られていませんが)

それも偶然ではなかったのかもしれません。
西井病院の敷地内には、いつの日も花々が咲き誇っていて、
西井デイケアの伝統を象徴するプログラムこそ「生け花」だったからです。


テーマにちなんで、今回の出展に
かつてのプログラムで題材にしたこともある一篇の詩を添えました。


やむなく省略していたので、ここで全文掲載させて頂きます。


生命は 吉野弘

生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない

-----------------------------------------


デイケアは普段、あまり目立たない場所にあって、
そこでの活動もほとんど知られていないのが実状ではないでしょうか。
それでも来院する方々や地域の方々とは全く無関係ではないような気もしています。

皆さんにデイケアの日常の一端に触れて頂けたなら、この上ない喜びです。

なお今回の出展を機に、病院玄関にデイケア作品の常設展示スペースを頂きました。
ステンドグラス風イラストもそのまま展示させて頂いています。
ご協力頂いた方々に心より感謝いたします。

ありがとうございました。


2019年10月31日木曜日

10月の予定表です

4日のソフトボールはグラウンドのコンディションが良くないため中止となりました。
18日(金)にあらためて実施します。午前中(9時半出発)ですので、ご注意下さい。

2019年10月3日木曜日

ジオラマ


出来るだけ安くジオラマを作りました。



テーブルのジオラマと…

Zショーティーの箱のジオラマ

お弁当箱サイズ。


デイケアEXPOに出展します。
ぜひご覧下さい。

(F)

珈琲焙煎の紹介です


コーヒーは変化します。
生ものですから。

インスタントコーヒーの味はいつでも変化しません。
コンビニコーヒーは美味しいですが、それでも変化しません。
どちらも機械を使うので、常に一定です。


諸行無常。万物流転。
変わることは、生きることです。
その逆も然り。


自分の手で、そして五感を全開にして、
変化を窮めるというのが、珈琲焙煎の極意です。



ざっとこんな流れです。
生豆の中から欠点豆をハンドピックします。
(これはエチオピア・イルガチェフェ・コンガG1・ウォッシュトという豆です)

焙煎用の手網でシャカシャカすること約15分。
パチパチと音がして「1ハゼ」。
さらに2分するとピチピチ「2ハゼ」。
(香ばしい薫りがします。焙煎時にしか嗅げません)

ここで焙煎を止めれば、だいたいシティフルシティロースト
中深煎りといったところですね。秒単位で、変化します。
火力の入れ方、熱や煙の逃がし方でも変わります。
即興と同じで、同じ味はなかなか出せません。


だから面白い。
今、ここだけの楽しみ。
一期一会。


ドリップも同じです。
湯温、注ぎ方でかなり変化します。
焙煎直後は豆も膨らんで気分も上がります。
精神的にゆとりのある時は、大概うまく入るので、
ドリップは心のバロメーターなのでしょう。




こんな最高級豆を使うことも。
パナマのゲイシャです!
これで参加費無料。信じられません。
こんなことやってるデイケアは多分ここだけ(笑)


次回は、フレンチプレスでも淹れてみます。
誰でも同じ味が出るので、豆本来のキャラクターが分かります。

変化を窮めるためには、基点を知ることも大事。



珈琲豆やドリップバッグの販売まで、夢は続きます。
西井デイケア・ロースタリー(焙煎所)では、夢みるマイスターを募集しています。



2019年10月2日水曜日

軽音部の紹介です


西井デイケアには個性派揃いの多彩なミュージシャンたちがいます。
より自由に、自分たちがしたい音楽をやる、それが軽音部です。

二部構成になっていて、前半はPopsメインでフレンドリーに、
後半はInst.メインでちょっぴりハードに攻めていきます。
↪︎その名も軽音DASH!!セッションはじめました。

2〜3月にはミニライブもやります。

軽音部のビートはまだ鳴り始めたばかり。
あなたのプライドを聴かせて下さい。



前回、鶴見公会堂で演奏した音源です。

来年もがんばります!
良かったらあなたも是非。
(yukky)

2019年10月1日火曜日

Go for EXPO




デイケアEXPOと銘打って病院待合スペースに特設ブースを作り
日々のプログラムで制作した作品を展示します。



それとは別に大物作品も制作中(*^-^*)


目指せフラワーボックスを合言葉にフェルトで様々なお花ができてきました。




ジョハンナ・バスフォードさんのぬりえブックをもとにした
窓ガラス一面分の大きさもあるステンドグラス風イラスト!!!
これからみんなで色付けします。



他にも個人作品のプラモデルなど個性豊かな作品が並びます。
開催期間は10月28~11月1日を予定。